×

T2D3とは?

T2D3とは?仕事

SaaSビジネスを行っているスタートアップの会社の業績を見るときの指標の1つとしてT2D3と呼ばれるものがあります。

これだけ見ても何かよくわからないですよね。

そこでこの記事で概要を解説します。

動画でご覧になりたい方は、こちらをご覧ください。

スポンサーリンク

T2D3の内容

T2D3は(Triple, Triple, Double, Double, Double)のことを指しています。トリプルが2回、ダブルが3回です。

つまり、サービスをスタートしてからの売り上げが、前年を基準に金額が3倍、3倍、2倍、2倍、2倍となるということです。

創業してからではない点は注意が必要です。

このT2D3を達成している会社がSaaSのスタートアップとして評価される指標とされています。

T2D3の具体例

実際にT2D3がどんなペースで成長するのか具体例で説明していきます。

例えば、初年度の売り上げが100万円だとします。

すると、以下のペースで増加していくことになります。

年数売上高(万円)前年比(倍)
1100 
23003
39003
41,8002
53,6002
67,2002

6年後には72倍になっているということですね。

グラフにすると以下のようになります。

T2D3とは

凄まじいスピードですが、SaaSならではという部分もあります。

なぜSaaSなら達成しやすいのかといいますと、継続課金するモデルだからです。

その内容についてはこちらをご覧ください。

まとめ

以上が、T2D3の内容になります。

実際にマルケトやServicenow、Zendeskなどが達成しています。

日本の企業にも当てはまる企業はあると思うのですが、未上場だとなかなか財務データが開示されていないので確認しづらい部分もあります。

ぜひ積極的に開示してほしいものです。

皆さんも気になるサービスがあれば、このT2D3に当てはまっているかどうかチェックしてみてください。

SaaS業界についてもっと知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました