Excelで数字の前に「0」をつける方法

Excelで数字の前に0を付ける方法Excel

エクセルで数字を入力した時に、「1」ではなくて「001」と表示させたい時はないでしょうか?

この記事ではエクセルで「001」と表示させる4つの方法を解説します。

もちろん3桁だけではなく、4桁でも5桁でも表示させることが可能です。

スポンサーリンク

入力方法

0を表示させる4つの入力方法を順次ご紹介します。

入力時に「’」を先頭につける

まず一番簡単なのが、数字の前に「’」を付けることです。

「001」と表示させたければ「’001」と入力します。

下記の赤枠のように入力すると、緑枠のように001と表示されます。

エクセルに0を付ける

書式を文字列にする

入力したいセルの書式を「文字列」に変更します。

その後に「001」と入力すれば、「001」と表示されます。

数字の入力前に変更しておくのがポイントです。

エクセルで数字の前に0を付ける

ユーザー定義書式で設定する

入力したいセルの書式設定の画面で、ユーザー定義を選び「000」と入力します。

エクセルで数字の前に0を付ける方法

その後「1」をセルに入力すると、「001」と表示されます。

エクセルで数字の前に0を付ける

こちらも数字の入力前に設定することがポイントです。

4桁の場合は「0000」、5桁の場合は「00000」と書式設定すれば可能です。

TEXT関数を使う

=TEXT(数字,”000″) と入力します。

このように入力すると、数字部分が3桁で表示されるようになります。

関数なので、数字部分をセル参照にすることも可能です。

エクセルで数字の前に0を付ける方法
エクセルで数字の前に0を付ける方法

こちらはすでにあるデータを関数で変更することが出来ますので、加工するときに便利ですね。

こちらも関数のTEXT(数字,”000″)の「000」の部分を、4桁の場合は「0000」、5桁の場合は「00000」と入力していただければ設定できます。

まとめ

エクセルで数字の前に0を付ける方法を4つご紹介しました。

  1. 入力時に「’」を先頭につける
  2. 書式を文字列にする
  3. ユーザー定義書式で設定する
  4. TEXT関数を使う

自分でデータを入力する作業なのか、元データから加工するのかで効率的なやり方が変わってきます。

そのため、皆さんの作業に合うやり方で実践いただければと思います。

この記事が皆さんのお役にたてば幸いです。

さらにエクセルをきっちり勉強したい方は、こちらの書籍もご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました