経理初心者におすすめ資格3選

経理初心者におすすめ資格3選キャリア

これから経理の仕事を始める方、もしくは経理の仕事を始めたばかりの方におすすめの資格を3つご紹介します。

これらの資格を取得しておけば、即戦力として経理部で活躍できます。

また、それぞれの資格にはさらに上位の資格もありますので、継続して勉強することで経理としてのキャリアアップも図ることが出来ます。

スポンサーリンク

日商簿記3級

まず経理初心者におすすめの資格は日商簿記3級です。

日商簿記検定は、日本商工会議所が実施している検定になります。

経理部で働く場合、資格としては必須ではありませんが、経理で業務をする上では必須の知識となります。なぜなら、経理では仕訳と財務諸表が理解できなければ仕事が出来ません。

日商簿記3級は仕訳の基本の借方と貸方をマスターし、財務諸表のつながりまで理解できるようになります。

仕訳は経理部での共通言語となりますので、初心者に方でも是非取得しておきたい資格です。

経理に配属後、連結決算まで担当することが決まっている方は、日商簿記2級の知識も必要となりますので一気に取得されることをおすすめします。

日本商工会議所のHPはこちらです。

日商簿記を独学で合格するための方法はこちらの記事で紹介していますので、よければご覧ください。

LECで資料請求する

FASS検定

続いての経理初心者におすすめの資格はFASS検定です。

FASS検定は経済産業省が経理・財務人材の育成事業として始めた資格で、合格か不合格ではなく、点数によってAランクからEランクまで判定されます。

また、FASS検定の特徴として、教科書的な会計の知識の問題よりも経理業務の実務上の対応に主眼を置いた試験となります。

例えば、「請求書に記載されている金額と、実際に支払う金額を間違えるリスクを防ぐ方法として正しいものはどれか?」のような問題が出ます。

経理実務で気を付けなければならないところを勉強するのにおすすめの資格と言えますね。

また、FASS検定を勉強する際の参考書もご紹介しておきます。

IPO実務検定

最後の経理初心者におすすめの資格はIPO実務検定です。

日本IPO実務検定協会が実施しています。

IPO実務検定は上場準備における業務をこなす力があるかを証明できる資格で、標準レベルと上級レベルがあります。

IPO実務検定は主に内部統制としての考え方を中心に学ぶことが出来ます。

不正や会計処理のミスが起きない仕組み作りは上場企業の経理にとって必須の課題です。

また、「有価証券報告書はなぜ作成しないといけないのか」のような、経理業務の基本的な背景も学ぶことが出来ます。

基本的過ぎて上司も説明してくれない分野ではありますので、経理業務の基本を学ぶという意味でもおすすめです。

また、IPO実務検定では上場企業としての経理部のあり方を学べます。そのため、非上場の会社に勤めている方でも経理部のあるべき姿を学ぶことが出来ますので、その点でもおすすめの資格と言えます。

IPO実務検定を勉強するには、公式テキストが一番ですので、下記のリンクから購入ください。

まとめ

以上が、経理初心者におすすめの資格です。

  • 日商簿記
  • FASS検定
  • IPO実務検定

これらの資格があれば経理業務の基礎知識があるとみなされますので、十分経理部で業務をこなすことが出来ます。

また、日商簿記1級、FASS検定Aランク、IPO実務検定上級を持っていると経理のキャリアアップにも十分使えますので、より上位の資格にチャレンジしてみるのもいいでしょう。

この記事があなたの経理としてのキャリアアップにつながれば幸いです。

また、経理初心者向けにおすすめの参考書もご紹介していますので、こちらも合わせてご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました