転職活動の面接における想定質問

転職面接想定質問キャリア

転職活動の面接では色々な質問がされてきます。初めて転職活動を行う場合でも、どのような質問が来るのかあらかじめ想定しておけば、慌てずに答えることが出来ます。

また、想定質問への回答を作ることは自己分析にも繋がります。そのため、面接を受ける前にはぜひ想定質問への回答を準備して臨みましょう。

スポンサーリンク

面接官が確認したいこと

まず面接官が質問によって確認したいことは次の2つです。

  • 当社で活躍できるのか?
  • 当社で長く働いてくれるのか?

基本的にはこの2点を確認したいために、様々な角度から質問がされてきます。

つまり、当社で活躍できるのかというのは、募集している業務をこなせるスキルが備わっているのかということ。当社で長く働いてくれるのかというのは、会社の事業内容や企業文化などに共感を持ってくれているのかということ。この2点を確認してきます。

そのため、答えづらく難しい質問が来たとしても、きっと面接官はこの2点を確認したいのだろうなと思って回答していきましょう。

面接での想定質問

転職活動の面接の質問は主に3つの観点で行われます。1つずつ具体的な質問例を列挙していきますので、確認していきましょう。

転職活動について

まず1つ目は転職活動に関する質問です。なぜ転職活動をしているのか、その理由を明確にしておきましょう。過去に転職経験がある方は、過去の転職理由も明確にしておきましょう。

転職理由に一貫性がないと、何となく嫌になったら辞めてしまう方という印象を与えてしまいますので、きちんと自己分析しておくことが重要です。

また、会社選びの軸も確認されることがあります。過去も含めて在籍した会社を選んだ理由も明確に出来ると良いですね。

そして、その転職理由をふまえてなぜ当社を志望されたのかという志望動機も聞かれますので、こちらも合わせて準備しておくと良いですね。

志望動機についてはこちらの記事もご覧ください。

具体的な面接での質問例は以下の通りです。

  • 志望動機は?
  • 今回の転職理由は?
  • 過去の転職理由は?
  • 新卒の会社を選んだ理由は?
  • 他に選考を受けている会社はどのような会社か?

キャリアについて

次にあなたのこれまでのキャリアからどのようなスキルを持っているかの確認がされます。募集している職務をこなせる人物なのかを判断されますので、これまでやってきた仕事について棚卸をし、どのような考え方で取り組んできたかをアピールしましょう。

そして、将来的にどのような仕事をしていきたいのかも合わせて確認されます。今後のキャリアプランも明確にしておくことが大切です。

経理のキャリアプランについてはこちらの記事にまとめておりますので、ご覧ください。

具体的な面接での質問例は以下の通りです。

  • これまでの経歴は?
  • 今後のキャリアプランは?
  • これまでで成果が出たと思える仕事は?
  • これまでで失敗したと思う仕事は?

人間性/価値観について

最後にあなたの人間性や価値観についての質問がされます。当社のメンバーとフィットするのか、当社の働き方とマッチするのかを確認する目的です。

自分自身がどのような働き方をしてきたのか、どのようなことを重視して働いてきたのかを自己分析しておきましょう。

具体的な面接での質問例は以下の通りです。

  • あなたの強みと弱みと思っている部分は?
  • 現職の良いところ、悪いところは?
  • 上司/同僚/部下からどのような社員と見られていると思うか?
  • ストレスを感じる時は?

最後に

以上が具体的な面接の質問内容になります。上記の質問に回答するにあたり、会社のHPや求人票をよく読み、あなたの過去の経験や考え方と一致する部分は積極的に回答に含めることでアピールしていきましょう。

一方で、あなた自身の考えに合わないところや、求めている経験がないことは偽りなく話すべきだと考えます。

転職活動のゴールは、あなたに最適な会社に転職することです。会社が求めている人物像とあなたが異なっているのであれば、ミスマッチとなりますので不採用となるほうがお互いのために良いと思います。

無理に合わせに行くことはせず、等身大のあなたを評価してもらえる会社に転職するようにしましょう。

転職活動の方法について知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました