経理の経験はクラウドワークスで補完

経理経験クラウドワークスキャリア

経理をしていて1番の課題と私が考えているのが、社内の運用が他社とあまり共有されないことです。

経費精算はこういう運用でやっていますとか、請求書の支払いはこういう手順で行っていますというような情報はあまり出回っていないですよね。

各社で代々伝わっている運用がそのままされているはずです。

また、会計基準は理解していたとしても、それをどのように実務で運用していくのかは経験が必要になります。

従って、他社の運用の経験がそのままあなたの経理スキルに繋がることになります。

ただ、いろいろな企業を経験するには年数がかかるし、毎回転職するのも労力がかかりますよね。

そこでおすすめなのがクラウドワークスです。

副業として手軽に始められるので、他社の運用や業界特有の処理なんかも学べます。

この記事ではクラウドワークスでどのように経理経験を補えるのかをお伝えします。

CrowdWorks(クラウドワークス)

スポンサーリンク

クラウドワークスの経理業務

クラウドワークスには具体的にどんなお仕事があるのか興味ありますよね。

ざっと概要をお伝えします。

クラウドワークスの業務例

まず、いくつか例をお見せします。

いずれもクラウドワークスで実際に募集されていた業務内容です。

(募集している企業さんに迷惑がかかるといけませんので、少し内容を変更しております。)

具体例1

【業務内容】
・請求書・領収書発行業務
・入出金管理業務
・月次管理
・経理業務上必要なお客様とのコミュニケーション
・データ入力やメール対応
・各種業種の分析
・社長からアサインされる仕事

具体例2

【 業務内容 】
・記帳業務
会計ソフトfreeeやスプレッドシートなどで仕訳を入力
・売上管理、支払管理
会計ソフトfreee上で売掛金の消込、支払依頼の消込
・データ作成
様々なサイトからデータを収集しスプレッドシートに貼付
・申請承認
上がってきた申請の内容を確認して承認

このような形で業務募集がされています。

従いまして、実際に会社に入って経理業務を行うのと同等の経験ができます。

クラウドワークスの勤務時間

次にクラウドワークスで業務を行うにあたっての勤務時間についてです。

やりたい仕事があっても本業や家事育児に追われていて、あまり時間の取れない方もいると思います。

そのため、応募しても採用されないのではという不安を感じる方もいると思います。

でも安心してください。

私がざっと経理で募集されている案件を確認したところ、週15~20時間程度の募集が多数を占めています。

平日2時間、土日に3時間くらい時間が取れれば何とかなりますね。

案件によっては土日のみの対応でもできるものもありますので、チャンスはたくさんあります。

クラウドワークスの報酬

クラウドワークスで業務を受注した時の報酬も気になりますよね。

私がいくつか確認したところ、時給1,000円から1,200円程度で募集がされています。

週に15時間、月に60時間働いたとして、月給6万円から7万円程度です。

副業としてはまずまずの水準ではないでしょうか。

ちなみに、クラウドワークスの仕組みとして、仕事の依頼者は作業開始前にクラウドワークスに報酬を支払います。

そして仕事が完了したところでクラウドワークスから仕事の受注者に報酬が支払われます。

従いまして、作業したのに報酬がもらえないというような心配は不要なので安心してください。

また、あなたの能力が仮に足りなかったとしても、報酬が減額されることもありません。

業務のスタート時に、依頼者と受注者が業務内容について納得したうえで始めることになります。

あなたの能力が足りなかったとしても、できないレベルの業務をお願いした側の責任になりますので、その点も安心してください。

クラウドワークスの仕事のレベル感

クラウドワークスで募集されている仕事のレベルとしては、派遣社員の方に依頼するような事務作業レベルのものが多い印象です。

募集要項にも次のようなコメントがついているものが多いです。

「仕事内容はきっちり教えますので安心してください」

「経理未経験でもできるものが順番にご依頼させていただきますので、安心してください」

派遣さんを雇う場合、時給2,000円くらいになりますので、それよりは割安に仕事をお願いしたい会社が利用しているようです。

クラウドワークスの始め方

ここまで読んでちょっとやってみようかなと思った方は、下記のリンクから登録してみてください。

CrowdWorks(クラウドワークス)

その後、クラウドワークスのサイト上で仕事の募集がされているので、気になったものに応募するのみです。

軽く面談などをされる場合もありますが、採用されれば業務スタートとなります。

クラウドワークスの注意点

注意点としては、ルーティーンワークが中心になりますので、目的をはっきりさせて仕事を受注することをおすすめします。

同じ会社のルーティーンワークをずっと行っていても、経理としてのスキルが上がるわけではありませんので、あなたの目的に合う形で利用してください。

例えば、様々な業界を経験したい方であれば、1,2か月程度経験したら新しい仕事に変える。

お金を稼ぎたい方は、報酬額が高いものを選んで受注するなどです。

まとめ

以上が、クラウドワークスでの経理業務の内容です。

経理の経験を増やすためには、まずはやってみることが一番です。

仮にあなたの能力が足りなかったとしても失うものはありません。むしろあなたの課題が分かってそこを強化していけば、経理マンとしてのスキルはどんどん上げることができます。

従って、ここで経験を積んでさらなるレベルアップできること間違いなしです。

CrowdWorks(クラウドワークス)

ここで経験を積んで転職してレベルアップを狙いたい方はこちらの記事もご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました