転職先の企業研究の方法

転職先の企業研究の方法キャリア

転職活動を始めて応募しようかなと思う企業が出てきたときに、その企業について調べると思います。

ただ、ご自身が気になるところはもちろん確認すると思いますが、どのような点を確認すればいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで、転職のミスマッチをなくすために企業研究で確認しておいた方がいいポイントをまとめました。

企業研究の際には、この記事にある項目をチェックしておくと安心ですので、参考にしてください。

また、転職活動においてエージェントを使わない手はありません。まだエージェントに登録していない方はこちらの記事におすすめを記載しておりますので、ご覧ください。

スポンサーリンク

企業研究の手段

まず、企業研究の手段について解説します。

こちらに関しては3つ抑えておきましょう。

  • 会社のHP
  • プレスリリースや最新のニュース
  • 経営者や役職者のSNSアカウント

この3つを抑えておけば、企業研究は行えます。

会社のHPを確認する方は多いと思いますが、意外と社風が確認できるのは3つ目のSNSです。

発信者の考え方がそのまま表れるので、是非とも確認しておいて欲しいポイントとなります。

企業研究のチェックポイント

企業研究の手段が分かれば、具体的にチェックしていきます。

企業研究のチェックポイントは大きく3点です。

  • 会社に将来性を感じるのか
  • 自分が活躍できる風土なのか
  • 長期間勤められる働きやすい環境なのか

この3つを確認できれば企業研究は完了です。1つずつ解説していきます。

会社の将来性を感じるのか

会社の将来性を確認するには、まず事業内容をきっちり把握することです。

あなたが将来的にこの事業が伸びそうだなと感じることが重要です。興味のない事業をやっている会社に入社しても、あなたのモチベーションは長続きはしませんので、その意味でも確認しましょう。

事業が伸びそうか判定する1つの材料としては、競合他社にベンチャー企業がたくさんいるかという点が挙げられます。

価値があるところに新規事業は発生しますので、ベンチャー企業がたくさん参入している状況であれば、将来性があると考えて良いでしょう。

次に会社を成長させていける経営陣が揃っているのかを確認しましょう。

社長の学生時代の友人ばかりが名を連ねている会社は少し危ないです。

各ポジションにふさわしい経歴の方が経営陣にいるのかをチェックしてください。経理として働くのであれば、CFOの方は最低限チェックが必要ですね。

1つ目と重なる部分でもありますが、競合がたくさんいるということは、競争に負ける可能性もあります。そのため、能力に不安がない経営陣なのかを確認することは大事です。

最後に財務データが公表されている会社であれば、利益が順調に伸びているのかを確認しましょう。

経済環境が悪い場合は仕方ない面もありますが、利益が伸び悩んでいる状態であれば、応募は考え直した方がいいかもしれません。

ここは出来れば競合他社の財務データとも比較しながら利益の金額や伸び率を確認できると良いですね。

以上をふまえまして、会社の将来性を確認するためには下記の3点を確認して下さい。

  • 事業内容に将来性を感じるか
  • 経営陣が優秀かどうか
  • 財務データが優良なのか

自分が活躍できる風土なのか

これから入社する企業の考え方があなたの価値観と一致しているのか、何を評価して何を評価しないのか。

ここがあなたの考えと一致するかどうかは入社してからの活躍度合いに影響してきます。

これを確認するために、会社のビジョンやミッション、行動指針を確認しましょう。この情報は会社のHPに必ずあります。

また、仕事に対する考え方はSNSアカウントでも発信されていることが多いので、そこもチェックしましょう。

具体的な例で説明しますと、あなたが1つずつきっちりと100点の仕事をこなしたいタイプだとしたら、行動指針に「スピードを重視しよう!」とか書いてある企業だと間違いなく評価されません。

1日かけて100点の仕事する人よりも、1時間で70点の仕事をする人の方が評価されるはずです。

この点に関しては、大企業になると色々な個性の人がいてそこまで影響はありません。

ただ、ベンチャー企業に行きたいのであれば、会社のビジョン、ミッション、行動指針は必ず確認しましょう。

組織として少人数ですので、一人一人の価値観のマッチが重要と考えられています。

会社のビジョンやミッション、行動指針と共感するポイントが多いほどあなたの価値観とマッチしていますので、入社後のミスマッチの可能性も減ると思います。

従って確認すべきポイントは下記になります。

  • 会社のビジョン、ミッション、行動指針

長期間勤められる働きやすい環境なのか

最後の3点目ですが、働きやすい環境なのかどうかを確認します。福利厚生のことですね。

フレックスが使えるのか、どのような手当があるのか、最近だとテレワークがOKなのかも判断のポイントですね。

どのような福利厚生があると助かるのかは、転職者それぞれの事情によって異なるものと思います。

福利厚生が充実していますとアピールしている企業でも、実際に自分が使える制度はほとんどなかったということもあり得ます。

自分にとって働きやすい労働環境なのかをしっかりチェックしてください。

従ってここでの確認ポイントはこちらです。

  • 福利厚生が自分にとって最適なのか

まとめ

転職活動における企業分析の方法について記載しました。

企業研究することにより、その会社の分からないところを出来るだけなくして応募しましょう。

もちろん調べられる範囲には限界がありますので、分からない部分は面接で逆質問することで解決してください。

企業研究することは結果として面接対策にもなりますので、ぜひ皆さんも企業研究を行ってください。

企業研究が出来れば次は面接対策です。面接対策についてはこちらの記事に記載しておりますので、ご覧ください。

もしこの記事が気に入っていただけましたら是非ともシェアをお願いします!

タイトルとURLをコピーしました