ピボットテーブルで3桁区切りで表示する方法

ピボットテーブルで3桁区切りで表示する方法Excel

ピボットテーブルで集計した時に、合計金額が3桁区切りで表示できたらいいのにと思ったことはありませんか?

更新するたびに表示形式を変更している方もいますが、設定を変えれば初めから3桁区切りで表示させることが出来ます。

この記事ではピボットテーブルで3桁区切りで表示させる方法を説明します。

スポンサーリンク

エクセルの操作方法

それでは具体的にエクセルの操作方法を説明していきます。

まず、下記のような表があるとします。

ピボットテーブルで3桁区切りで表示させる方法

これを場所別にピボットテーブルを作成すると下記のように出来上がります。

ピボットテーブルで3桁区切りで表示させる方法

でもこのままだと見づらいので、数字を3桁区切りに変更します。

ピボットテーブルの分析からフィールドの設定をクリックします。

ピボットテーブルで3桁区切りで表示させる方法

値フィールドの設定という画面が出てきますので、その中の「表示形式」をクリックします。

ピボットテーブルで3桁区切りで表示させる方法

セルの書式設定という画面が出てきますので、分類に「数値」を選択し、「桁区切り(,)を使用する」にチェックを入れてOKをクリックします。

ピボットテーブルで3桁区切りで表示させる方法

すると、このように合計金額が3桁区切りで表示されるようになりました。

ピボットテーブルで3桁区切りで表示させる方法

簡単ですよね。

一度設定すると、集計方法を変更しても3桁区切りでの表示は継続されます。

例えば、男女別で集計しなおしてみますと、下記のようになります。

ピボットテーブルで3桁区切りで表示させる方法

ピボットテーブルが3桁区切りのままで表示されました。

まとめ

エクセルのピボットテーブルで3桁区切りで表示させる方法について説明いたしました。

操作は簡単なので、ぜひ覚えて業務に役立ててください。

ピボットテーブルに関してはこちらにも記事がありますので、興味があればぜひご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました